国産バイク人口減 国産バイク人気回復プロジェクト

国産バイクの人気回復 ニーズに合ったエンジン

ライディング

高度成長期やバブル期などは、若者の人数が多かった為に国産バイクの人口が多かったですが、21世紀に入ってからは若年層が減ってきたと同時に、バイク人口も減ってきています。国産バイク人口を増やし、人気を回復させるには、バイクに乗る魅力を広く伝えていく事が大切です。

国産バイクのエンジンなどのパーツは、年月が経つと共に燃費性能が向上してきています。この事によって、少ない量のガソリンでも長い距離を走行する事が出来ます。バイクには、ミニバイクや原付き、中型バイクや大型バイクがあり、乗るバイクによって取得するべき免許が変わってきますので、ユーザーは乗るバイクに必要な免許を事前に取得する事を考えておかなければいけません。

エンジン

現代の交通事情や消費者のニーズに合ったエンジンなどのパーツを搭載した国産バイクを開発・生産・販売していく事は、バイクメーカーにとっては重要なポイントとなります。バイクの楽しみ方は、バイクに乗って旅をしたり、買い物などの足として使ったり、バイクのカスタマイズを楽しんで乗ったりというように、ユーザーによって異なります。フォルムの格好良さやメンテナンスのしやすさ、維持費の低さというように総合的な要素が適度なバランスで構築されている事が国産バイクの人気回復の鍵となってきます。

バイク

国産バイクの人気回復 大型ライダーの増加

メンテナンスツール

国産バイクの人気は確実に回復しており、特に大型ライダーが増加傾向にあります。バイク人気は景気と連動すると言われており、好景気になるとよく売れるようになるわけです。逆に不況になると売れにくくなるため、バイク市場は非常に明確でわかりやすいと言えます。国産バイクは世界的に見ても高性能で、最高出力・トルク・乗りやすさともに申し分がありません。故障しにくいのも特徴ですから、維持費を安く抑えたい方にも最適でしょう。

昔は国産バイクの主力といえば250ccや400ccなどの中型バイクでしたが、現在は大型二輪が教習所で取得できるため大型ライダーが増えています。中型と比べてパワーに余裕があるので、長時間の運転をするときに楽だと感じるはずです。最初は重さに身体が負けてしまう方もいますが、重さに慣れると逆に安心感を覚えるようになるでしょう。

バイクは重量があるほど安定性が増し、これはコーナリングにも言えることです。バイクが風で振られにくいのも特徴であり、バイクに慣れている人も大型マシンを選ぶことが多いです。排気量が大きい分だけ燃費は悪くなりますが、高速走行をするときは中型マシンとあまり変わらないというコメントが目立ちます。

ハンドル

バイクの車体をしっかりとセッティングしよう

バイクは様々な箇所をセッティングし、自分の好みに調整できることも魅力の一つです。しかし、車体については可動部が少なくセッティングできる箇所は多くありません。とはいえ、知識としてセッティングのやり方を覚えておくといざという時に役立ちます。

バイクにおける車体の可動部分は前輪の操作を行うヘッドパイプと後輪のストロークであるスイングアームピボットの二箇所しかありません。そのため調整の自由度が少ないことに加えて、個人が日常生活の足として乗る場合や趣味でライディングをする場合であれば調整しても大きな変化がないのです。

まっすぐ走っているつもりでも徐々に左右どちらかの方向にずれてしまうということがあるときは、ヘッドパイプの調整を行うことで解決できます。ヘッドパイプを分解し、摩耗しているベアリングを交換、ナットの締め付けを行うことで正しい動作が行えるようになるのです。
安全にも関わることなので、専門店に依頼するのがおすすめです。

車体にまたがる