国産バイクの人気回復 貢献したシリーズ

バイクで出掛けよう

最近では国産バイクの人気回復を図ろうと各国内メーカーは魅力的なバイクの生産と販売を行っています。特に最近リニューアルが発表されて大きな注目を集めたのが国産バイクでも屈指の人気作であるスーパーカブシリーズです。

スーパーカブはここ数年は生産拠点を海外に移していたのですが、排ガス規制をクリアするためにリニューアルすることを発表した際に生産拠点を再び国内に戻すことも同時に発表されて多くな話題となりました。

スーパーカブは50ccモデルと110ccモデルが発表されたのですが、特に50ccモデルはイメージカラーにイエローを採用していて、かつてスーパーカブが絶大な人気を誇っていた頃のデザインを彷彿とさせるデザインとなりました。また110ccモデルについては前モデルよりもスッキリとしたデザインとなっている上に専用のシートを装着することでタンデム走行も可能になるということで、スーパーカブの人気回復に大きく貢献することが考えられます。

スーパーカブシリーズでは排ガス規制の問題によってリトルカブの生産が終了してしまいましたが、新しいスーパーカブの50ccモデルがリトルカブのような存在になることは間違いないと言っても過言ではないでしょう。